PCスマホ

接触不良でiPhoneが充電できない時の対処・応急処置

今回の記事は『接触不良でiPhoneが充電できない時の対処・応急処置』です。

接触不良でiPhoneが充電できたりできなかったり

iPhoneを充電しようとLightningケーブルをつないでもiPhoneが充電できたりできなかったりする場合に、どうすればいいのでしょうか。

修理のためにわざわざお店まで足を運ぶのも出来る限りしたくない場合でも、簡単なチェックで正常な動作が戻る場合があります。

私も先日充電しようとケーブルをつないだのに接触不具合が発生して立ち往生しましたが、お店まで修理に行かずに済みました。

 

iPhoneの接触不良 チェックポイントの定石

LightningケーブルをつないでもiPhoneが充電できたりできなかったりする場合、最初に目を付けるべき王道的なポイントは

・Lightningケーブルに異常がないか?
・iPhone本体の充電コネクタに異常がないか?

です。

 

順番にみていきましょう。

 

Lightningケーブルのチェック

Lightningケーブルが奥まできちんと入るかどうか?

ケーブルの先端が変形していたり、何かホコリや異物等が入り込んでいればケーブルは奥までキチンと入りません。

Lightningケーブルの先端(=接続部分)の金メッキが剥がれていないか?

ケーブルの先端が破損していれば、ケーブルが奥までキチンと入っても正常に作動しません。

 

iPhone本体のチェック

充電コネクタにホコリが溜まっていないか?

中にホコリや異物等が入り込んでいればケーブルは奥までキチンと入りません。

充電コネクタのピンが折れている等の破損はないか?

ケーブル側もそうですが、コネクタ側の接続部品が破損していれば充電はできません。

 

それでも治らない場合に一度試してほしいこと

多くの場合、上記のチェックをしただけでもiPhoneの接続不良が治ってしまうことは多いようです。

でも、これだけでは治らない場合もあります。

先日の私がそうでした(涙)。

 

当然ですが、その時の私は立ち往生しましたし、焦りました。

仕事中の出来事でしたから。

 

でも、意外な方法で切り抜けることが出来ました。

 

それは、

iPhoneを再起動する

です。

『iPhone、iPad、iPod touch を再起動する』Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT201559

 

再起動のやり方は簡単です。

デバイスの電源を一旦OFFにして、もう一度立ち上げるだけです。

 

iPhoneを再起動すると、何らかの原因で動作が不安定になっていたiPhoneが、不安定な状態から立ち直ってくれる場合があるのです。

私の場合は、これ一発でウソのように治りました。

 

電源を一旦完全に落としてから、もう一度立ち上げるだけですから、大して手間はかかりませんので、接触不良でiPhoneが充電できない時に自分でやれる応急処置として、「本体を再起動する」を入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:接触不良でiPhoneが充電できない時の対処・応急処置

・Lightningケーブルに異常がないか?
・iPhone本体の充電コネクタに異常がないか?
・iPhone本体を再起動して様子をみる(←ここが盲点だったりする

 

 

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・趣味:音楽(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster)格闘技(Kickboxing)
コピー不可