クルマの運転&マナー

【イラッ!】高速道路の追越し車線をノロノロ走り続けるクルマの対処法

 

今回の記事は『【イラッ!】高速道路の追越し車線をノロノロ走り続けるクルマの対処法』です。

高速道路の追い越し車線をノロノロ走り続けるクルマはイライラの原因

 

最近よく見かけますよね、高速道路の追い越し車線をノロノロ走り続けるクルマ。

イラッとしますよね。

時速80km程度で追越し車線をふさぐようにして走られると、後続車にとってもかなり迷惑です。

とくに大型トラックが前をノロノロ走っていると、視界もさえぎられ、いつ退いてくれるかもわからないストレスフルな状態で走り続けなければなりません。

追越し車線をノロノロ走り続けるクルマは、渋滞の原因を作り、他人の時間を奪い、周囲にストレスをまき散らしています。

 

追い越し車線をノロノロ走り続けるクルマは「通行帯違反」

 

追越し車線をノロノロ走り続けるクルマのなかには、そもそも「走行車線」「追越し車線」の違いがわかっていないドライバーが少なからずいて、中には「左車線が空いているんだから、急ぎたい人は左から行けばいいのに。」なんて思っている人までいるようですが、「追越し車線をノロノロ走り続ける」=「車両通行帯違反なんですから、そういう違反ドライバーが「左車線が空いているんだから、急ぎたい人は左から行けばいいのに。」と主張してみたところで、まかりとおるわけ無いんですよね。

複数の車線がある道路で追い越し車線を走り続けると、制限速度以内走っていたとしても「車両通行帯違反」となり、減点1点、反則金6000円(普通車)のペナルティが待っています。

追越し車線は本来、「追越しのための車線」なので、追越しが終わったら速やかに走行車線に戻らなければなりません。

追越し車線を走り続けて良い距離は「おおむね2キロ」ですが、実際には「1.5キロ程度で捕まること」もあるので注意が必要です。

ご存知ですか?追越車線を走り続けると違反!車両通行帯違反 今回の記事は『ご存知ですか?追越車線を走り続けると違反!車両通行帯違反』です。 『交通違反取締件数』で特に多いのは ...

 

高速道路の追越し車線をノロノロ走り続けるクルマの対処法

 

左側の車線が空いているにもかかわらず追越し車線をずっとノロノロ走り続ける車に遭遇した場合、どうやって、道を開けてもらうのがいいのでしょうか?

 

対処法①

 

受動的なアプローチですが、自らの手を汚さず、自然の流れに任せるなら、下記の2つでしょうか。

・敢えて走行車線を走りながら、ノロノロ運転のクルマが、背後から「パトカー」に止められるのを待つ。

・敢えて走行車線を走りながら、ノロノロ運転のクルマが、背後から「いかついクルマ」にプレッシャーを掛けられるのを待つ。

 

いずれも第三者に期待して「追越し車線をノロノロ走り続ける違反車両」が追い越し車線から駆除されるのを待つ方法です。

これでは受動的過ぎますか?

ではもう少し能動的に(笑)。

えっ?クラクションですか???

クラクションはヤバすぎるでしょう。
あおり運転で通報される可能性大だとおもいます(笑)。

 

対処法②

 

もう少し能動的なアプローチをとるなら、下記の3つが一般的でしょうか。

・背後からパッシング

・背後から右ウインカーを点滅

・予め左側車線をしばらく走った後で左側から「追い抜き」を行う

 

パッシングは、連打するとガラが悪くなるので、連打はせず、あくまでもお上品に。

右ウインカーを点滅は、トラックやバスなどは、これでけっこう避けてくれます。個人的にはパッシングよりもスマートだとおもいます。

これらの方法は手軽ですし、これで簡単に解決するケースも多いでしょう。

ただし・・・、「後ろなんて見ない」という意識の低いドライバーもいるでしょうから、そうなればパッシングでも右ウィンカーでも無意味となってしまうのが弱点ですね・・・。

また、クラクションほどではないとおもわれますが、相手の被害妄想が強かったりすると、パッシングや右ウインカー程度でも「後ろのクルマが煽ってきます!!」なんて通報される危険性もあります。

こうやってみていくと、左の走行車線がガラガラなら、追越し車線をノロノロ走るクルマを左側から追い抜くのが一番穏便かもしれませんね。

実際、高速道路でよく見かける光景です。わざわざ前の車を退かせる必要もありませんし、あおり運転だと騒がれることもありません。

注意すべき点としては、あくまでも「左側からの追い抜き」であり、「左側からの追い越し」ではないことが挙げられます。

「追越し違反」では取り締まりの対象になりますから、注意が必要です。

 

注意事項: 左側から「追い抜き」を行う

 

「追い抜き」はあくまでも「追い抜き」であり、「追い越し」とは違います。

第二八条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

引用元:道路交通法

 

追い越しと追い抜きは、何が違うのか?
意外と忘れている場合もあろうかと思いますので、整理しておきます。

●追い越しとは、「車線を変えて先行車両の前方に出ること」です。
●追い抜きとは、「車線を変えずに先行車両の前方に出ること」です。

 

追い越しをする時は、車線変更で右側の車線に出た後で、先行車両よりも前方に出ます。
「追い越し違反(先行車両の左側からの追い越し)」は、減点2点、反則金9000円(普通車)の違反です。

追い抜きをする時は、走行車線をそのまま走り、車線変更無しのままで先行車両よりも前方に出ます。走行車線をそのまま走り続けた結果、追い越し車線でノロノロしていた先行車両よりも前へ出てしまうわけですが、この場合は追い越しではありませんから、そのまま左側から抜いて大丈夫です。

 

おわりに

 

高速道路の追い越し車線をノロノロ走り続けるクルマには、特に急いでいる時やテキパキと進みたい時などにイライラさせられるケースも多いですが、出来るだけスマートに対応したいものですね。

 

ご存知ですか?追越車線を走り続けると違反!車両通行帯違反 今回の記事は『ご存知ですか?追越車線を走り続けると違反!車両通行帯違反』です。 『交通違反取締件数』で特に多いのは ...

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機取引(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可