資産運用 / やりくり

【リスクは外貨預金が上!】外貨預金とレバ1倍のFXの比較

 

今回の記事は「【リスクは外貨預金が上!】外貨預金とレバ1倍のFXの比較」です。

「レバレッジ1倍のFX」と「銀行の外貨預金」って、同じじゃないの?

 

「レバレッジ1倍のFX」と「銀行の外貨預金」って、よく似てますよね。

対象としているのは「外貨」で、値上がりと値下がりで「損益」が発生します。

でもFX業者がFX (Foreign exchange、外国為替証拠金取引)を取り扱っている一方で、銀行は外貨預金を取り扱っています。

「レバレッジ1倍のFX」と「銀行の外貨預金」は実際のところ、何がどう違うのか?

一度整理してみたいとおもいましたので、記事としてまとめてみました。

 

「レバレッジ1倍ってなあに???」という人もいるとおもいますので、確認の意味も含めて、先にレバレッジ1倍のFXに触れてから本編に入りたいとおもいます。

(お急ぎの人は目次からショートカットして下さい。)

 

レバレッジ1倍って、どういう事?

 

「レバレッジ1倍」という事は、直訳すると「レバレッジを掛けない」という意味になります。

FXにおけるレバレッジは、FXにとって大きなの魅力の一つと考えられており、掛ける事が当たり前だと考えるトレーダーがほとんどです。

なぜなら、少ない資金(証拠金)で大きく稼げるチャンスがあるからです。

レバレッジ1倍で1万通貨の取引を行う際に必要な証拠金は、仮に1ドル=100円なら、100円×10,000通貨=100万円が必要になりますが、あなたが仮に100万円を資金にトレードを行うとしたら、レバレッジを10倍、25倍と掛ければ1000万、2500万円分もの取引が出来るようになります。

では、敢えてレバレッジという名の魅力を取り払ったレバレッジ1倍の取引の意義って、何なのでしょうか?

 

レバレッジ1倍のメリット

 

高レバレッジに比べて強制ロスカットのリスクが少ない

 

レバレッジ1倍は、25倍などに比べて強制ロスカットのリスクが少なくなります。

なぜならFX業者がある一定以上のマイナスにならない金額でロスカットシステムを導入しているため、レバレッジの大きさに比例して、レートが少し上下しただけでも強制ロスカットにかかりやすくなるからです。

レバレッジを掛ければ、自分の口座にある資金を担保にFX業者から借金をして自己資金の何倍もの運用が出来てしまうので、簡単に大きな利益が出やすい反面、簡単に大きな損失も出やすくなります。

そして借りた金額よりも損失を抱えてしまうと借金になってしまうため、それを防ぐのが強制ロスカットになります。

(強制ロスカットは、レバレッジ取引を行う上では、シートベルトやエアバッグのような安全装置という見方も可能です。)

レバレッジの正体は、多額の借金・融資です。

それゆえに少ない自己資金で大きな取引ができるようになるわけですが、借りたお金・借入金は返済しなくてはなりません。

レバレッジ1倍(レバレッジ無し)なら、借金をして身の程以上の取引をするわけでもなく、身の丈サイズの運用をするだけになるため、長期運用もしやすくなります。

 

強制ロスカットのリスクが少ない分だけ長期運用でスワップポイントを得やすくなる

 

FXでは、スワップ(金利)ポイントというシステムを採用しています。

ポジションを保有したまま日を跨ぐと通貨ペアに応じた金利を毎日得ることが出来るのです。

簡単に言えば、銀行の金利に相当するものです。

レバレッジ1倍で取引する人は、外貨預金するように長期投資で、金利を軸にスワップ金利を取ります。

 

レバレッジ1倍のデメリット

 

ハイレバ取引に比べて資産の増え方が緩やか

 

専業兼業を問わず、既にデイトレードやスキャルピングといった短期トレードでハイレバ取引をしても安定的に勝てる「トレード巧者」になっているならば、レバレッジ1倍は物足りないはずです。

 

レバレッジ1倍で長期運用しても失敗する時は失敗する

 

当然ですが、投資法・運用法の類は、「個人向け国債」や「銀行預金」等を除いて、未来の利益を約束するものではありません。

どれだけ手堅い運用をしても、失敗する時は失敗します

長期運用して、散々待ちわびた挙句、失敗だったというオチも想定しておく必要があります。

FXとは違いますが、私の知人に「株は長期投資が王道」と豪語していて長期投資投資に失敗している人もいます(笑)。

 

ここから本編。「レバレッジ1倍のFX」と「銀行の外貨預金」は何が違うのか?

 

日本は低金利の状況が続いているので、円預金のままにしておいてもなかなか資産をふやすことができません。

そのため、株や投資信託、海外資産等での運用を検討する人もいるのではないでしょうか。

海外資産の中でも、FXと外貨預金は、為替差益と金利による収益を目的とする運用商品としてよく比較されます。

ハイリスクだといわれているFXも、レバレッジを1倍で運用すればリスクを抑えられるという見方もあります。

ここからは、FXと外貨預金の違いについて考えてみたいとおもいます。

 

FXの特徴を包括的に整理

 

FX (Foreign exchange、外国為替証拠金取引) について考えてみます。

FXは一定の証拠金 (保証金) を担保にして、その証拠金以上の取引金額で外国為替 (外国通貨) の売買が可能です。

証拠金に対する取引金額の倍率をレバレッジと言いますが、1倍から最大25倍まで設定することが可能です。(あくまでも国内FX業者)

例えば、1米ドル100円のとき、証拠金を100万円入れると最大2,500万円までの取引が可能になります。

この時、100万円分買って150万円に値上がりすれば、100万円の資金は50万円の利益が出ます。

一方、100万円が50万円に値下がりすれば、手元にある100万円は50万円の損失を被ります。

レバレッジ25倍で取引していた場合は、差益50万円なら50万円の25倍で1250万円の利益、

差損50万円なら-50万円の25倍で1250万円の損失(-1250万円)となります。

なお、損失分は証拠金から振り替えなければならず、場合によっては大きな痛手になります。

 

《1倍と25倍の比較》

  レバレッジ1倍 レバレッジ25倍
証拠金を100万円の取引規模 100万円分の取引 2500万円分の取引
証拠金100万円で取引して相場が±50円変動した場合の損益 ±50万円の損益 ±1250万円の損益

 

FXは、使い方次第では少額の資金で効率よく資産運用できますが、レバレッジのかけ方によってリスクレベルが異なる投資手法ともいえます。

FXは「信託保全制度」が義務付けられているので、資金の安全性は高いです。(あくまでも国内FX業者)

 

外貨預金の特徴を包括的に整理

 

外貨預金について考えてみます。

外貨預金の主な特徴は、為替の変動によって損益が発生すること、円と外貨の交換には一般に為替手数料がかかることが挙げられます。

また、一般的には利息も外貨で支払われます。

なお、外貨預金は、預金保険機構による保護の対象外です。

そのため、金融機関に万一のことが生じても全額保証されるわけではないことに注意が必要です。

 

FXと外貨預金の違いは

  FX 外貨預金
取引方法 買い建てからでも売り建てからでも自由 買い建てのみ
手数料 スプレッド:約0.3銭~ 為替手数料:ネット銀行でも約4銭~
金利 スワップポイントは毎日付与 利息が毎日付くのはまだ先の話
個人に対する課税 申告分離課税一律20.315%
繰越控除可
利息は20.315%の源泉分離課税
為替差益は、雑所得として総合課税(最大55.945%)
繰越控除は不可
資金の保護 信託保全 預金保護の対象外

 

取引方法

 

FXは買い建てからでも売り建てからでもポジションを保有できますから、円高でも為替差益を得ることが可能です。

一方、外貨預金が儲かる時は円安が進んだ時だけですから、FX風にいうと買い建てしか取引できません。

 

手数料

 

FXには外貨預金のように為替手数料はかかりませんが、スプレッド (外貨を売買する際の買値と売値との差額) は必要です。

ただし、FXは業者間でのスプレッドの競争もかなり激しいからか、外貨預金にかかる諸経費に比べると全体的に割安です。

FXの場合、仮に米ドル/円の1万通貨の取引でスプレッド0.3銭(=0.003円)なら、0.003×10,000=30円です。

以前よりも外貨預金の手数料は下がってきており、メガバンクとネット銀行ではネット銀行の方が手数料は安いですが、そのネット銀行でもFXにはまだ追い付いていません。

外貨預金の場合、仮に1ドル110円の時に米ドルに100万円預入れた場合、1ドルあたりの為替手数料が4銭(=0.04円)なら、364円の支払いが必要です。

 

金利

 

FXの中で外貨預金の利息に相当するのが、日々発生するスワップポイントです。

スワップポイントは高金利の通貨と低金利の通貨との差で、現在は円金利が低いため、円を売って外貨を買う取引を行えばほとんどの場合はスワップポイントを受け取れますが、金利が逆転した場合は支払い(=マイナススワップ)に転じるので、取引しているFX業者のスワップポイントをマメに確認しておいた方が良いです。

スワップポイントはポジションを決済しなくても好きな時に好きな分だけリアルタイムで引き出せるFX会社もありますが、外貨預金ではそこまでのフレキシブルな対応にはまだ時間がかかるものとおもわれます。

 

個人に対する課税

 

個人に対する課税方法も違います。

FX取引によって生じた利益は雑所得となり、申告分離課税として確定申告の対象となります。(あくまでも国内FX業者)

外貨預金の場合、利息は源泉分離課税ですので、利息を受け取る時点で課税関係は終了しており、確定申告をする必要はありません。

ですが、為替差益は雑所得となり、総合課税として確定申告の対象となります。(あくまでも国内の金融機関)

 

<個人に対するFXの課税>

・儲かったときは、雑所得の申告分離課税(20.315%)

・儲かったとしても、20万円までなら申告不要の余地あり

・損をしたときは、他の先物取引に係る雑所得等のみ通算可

・通算しきれないときは、翌年以降3年間の繰越控除可

 

<個人に対する外貨預金の課税>

・利息は20.315%の源泉分離課税

・為替差益は、雑所得として総合課税(最大で55.945%)

・為替差益は、20万円までなら申告不要の余地あり

・為替差損は、他の株式や給与所得等の通算は不可

・為替差損は、繰越控除は不可

 

おわりに

 

「レバレッジ1倍」のFX(=レバレッジを掛けない取引)は、FXの盲点とも言われ、外貨預金より安全性と収益性が高いとされます。

レバレッジを1倍にすることで、FXの魅力の一つを敢えて削って取引・運用していく事になりますが、ハイレバ取引には無い「良いところ」も見えてきます。

 

簡単にまとめると、

・サラリーマンや主婦など、時間の無い人に向いている。

・初心者でもリスクを限定しながらトレード経験を積むことが可能になる。

・強制ロスカットの心配も少なく、スワップ金利などでじっくり稼ぎやすい。

 

ハイリスクハイリターンなはずのFXをローリスクローリターンな取引形態に調整し、外貨預金よりお得かもしれない条件でコツコツやっていくということです。

当然ですが、いくらローリスクローリターンといっても、しっかりとしたトレード計画を立てることを忘れてはいけませんよ。

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可