時事ネタ

株価急落!スルガ銀行 ヤバいのか?倒産するのか?

 

今回の記事は『株価急落!スルガ銀行 ヤバいのか?倒産するのか?』です。

不正融資しまくりのスルガ銀行 財務の健全性を保てるか?

 

「日本版サブプライム問題」という言葉もありますが、不動産の不正融資をキッカケに今や非常にヤバい銀行のレッテルを貼られてしまったスルガ銀行が、いよいよ存続が危ぶまれるようになってきました。

地に落ちた地銀の優等生・スルガ銀 揺らぐ財務健全性

高い収益性を誇り、「地銀の優等生」とも評価されてきたスルガ銀行(8358.T)の実態は、ガバナンス(企業統治)やコンプライアンス(法令順守)を置き去りにした「架空のビジネスモデル」だったことが明らかになり、その存続さえ危ぶまれる事態に直面している。自己資本比率は12%台を維持してきたが、貸倒引当金の規模が膨らめば、財務の健全性をき損しないかねない事態に追い込まれた。

引用元:https://jp.reuters.com/article/angle-suruga-0907-idJPKCN1LN1TT

 

銀行側の説明では、現時点では単体自己資本比率が12%台という数字を軸に財務的な健全さをアピールしているものの、多くの人たちが注目している「不動産の不正融資に対する貸倒引当金をどれくらいで見積もるのか?」というツッコミに対して、正面から応えられる回答が出てこないとのこと。

 

株価はすべてを織り込む

 

ま、銀行側の発表は期待しない方がいいでしょうね。

少なくとも株価チャートはそう言っています。

ファンダメンタルと異なり、テクニカルはすべてを織り込んだものだとされます。

 

まずはスルガ銀行の株価チャートから

 

スルガ銀行の株価は、既にリーマンショック直後の株価水準まで急降下しております。

短期の値動きではなく、10年くらいの株価推移から長期的なトレンドをみても、もはや右肩上がりのチャートではありません。

引用元:https://minkabu.jp/stock/8358/chart

 

 

大きな不祥事が続々と発覚しても大丈夫だった他行の事例も

 

次に、スルガ銀行同様、一時期立て続けに不祥事が発覚したものの、スルガ銀行と違って、経営が危ぶまれるところまでいっていない銀行株の一例をあげておきましょう。

一時期はウォーレン・バフェットも評価していた、ウェルズファーゴです。

ウェルズファーゴは、2016年に不祥事が相次いで発覚し、大問題になりました。

日本の金融機関では考えられない悪質な銀行ですよ。

不正営業問題

2016年、顧客に無断で口座を開くなどの大規模な不正営業が発覚したのをきっかけに、顧客が自動車ローンを組む際、保険に二重に加入させていた問題や、住宅ローンの金利固定期間の延長で手数料を不正に徴収していたことなどが発覚し、罰金10億ドルを科された

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B4

 

でもウェルズファーゴのチャートは、スルガ銀行のチャートとは、全然違っています。

引用元:https://www.google.com/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%80%80%E6%A0%AA%E4%BE%A1&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b-ab

 

ウェルズファーゴもリーマンショック期(2008年後半)にガクンと株価を下げていますが、その後は2016年に不祥事が相次いで発覚しても、そこまで株価は下げていません。

ウェルズファーゴの場合、こうやって不祥事が発覚しても、チャートの波形も右肩上がりをキープし続けています。

株価の推移をみていても、かすり傷にしかみえませんね(笑)。

 

スルガ銀行と同じく、右肩下がり&リーマンショック直後の株価水準まで落ちた話題の会社は?

 

せっかくなので、ここでもう一つ例を挙げてみましょう。

 

先ほど私は、スルガ銀行の株価チャートは

①10年くらいを俯瞰した長期の値動きでも右肩上がりがキープ出来ず、
②現在の株価水準はリーマンショック直後まで下落している

と述べましたが、スルガ銀行以外で①②の条件を満たす、話題の会社を挙げてみましょう。

 

引用元:https://minkabu.jp/stock/8186/chart

 

それは、経営再建中の大塚家具です。

「大塚家具」また大株主が…日本生命が株一部売却

米ブランデス、大塚家具株すべて売却

ここ数年の業績が急激に悪化し、2018年は3期連続で最終赤字の見通しで、2015年には100億円以上あったキャッシュが20億円にまで減り、決算短信には「継続企業の前提に関する注記」が点灯したことが話題になっている経営再建中の大塚家具。

スルガ銀行と業種は違えど、先ほど述べた①10年くらいを俯瞰した長期の値動きでも右肩上がりがキープ出来ず、②現在の株価水準はリーマンショック直後まで下落というチャートの条件で共通しています。

そもそもの話、リーマンショックという外部要因で引っ張られた株価と違って、好景気が続いているこのご時世に、一旦上がった株価がリーマンショック期の水準まで転げ落ちた(しかも長期チャートが右肩下がり)というのは大問題です。

 

支店の強烈なパワハラも明るみに

 

そしてスルガ銀行は「無茶ぶり的なノルマが課せられて、達成できないとパワハラ。」という実態も明らかに。

「オマエの家族皆殺し」スルガ銀、上司による壮絶な恫喝

過大な営業ノルマが設定され、支店長以下の職員に達成に向けたプレッシャーがかけられた。その中で不正が横行した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000015-asahi-bus_all

 

悪循環の塊ですな。

「そんなにガタガタ言うなら、もっと売れる商品持って来い!」ですよね(笑)。

人手不足なんですから、転職を検討した方が良いかもしれませんね。

 

倒産か?経営統合か?

 

スルガ銀行について、単独再建はあまり期待しない方がいいかもしれません。

最終的な再建策は、経営統合ではないでしょうか。

 

【みずほ銀行は大丈夫か?】システム対応で新元号の発表を前倒し 今回の記事は「システム対応で新元号の発表を前倒し」です。 新元号の発表スケジュールが早くなった 天皇陛下の譲...

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
40代 ・自由人 ・個人投資家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・トレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・趣味:音楽(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster)格闘技(Kickboxing)
コピー不可