金融市場

ドル円相場(USD/JPY)年初来高値を突破

 

今回の記事は『ドル円相場(USD/JPY)年初来高値を突破』です。

 

米ドル円(USD/JPY) 2018年9月下旬までの流れ

 

9月下旬のFOMCは、0.25%利上げが行われ、金利見通しも「今年4回、19年3回、20年1回」で据え置かれましたので、概ね“想定通り”の流れであり、米金利先高観は継続しています。

日米貿易協議では、安倍総理の直談判で、「自動車への追加関税が回避」されました。

リスク回避要因は、また一つ後退した格好といえます。

新興国通貨安と米中貿易戦争の懸念が後退する中、米金利先高観+リスク回避要因の後退は、ドル円を押し上げました。

米ドル円(USD/JPY) 日足・週足チャート

 

チャートをみてみましょう。

9月27日には、年初来高値も突破しました。

週足の上昇トレンドは少し頼りないですが、日足の上昇トレンドは割と健全です。

ここまで来ると「114円突破を試す」と考えるのが自然ですが、114円の大台に迫ることで「一旦のポジション調整(利益確定売り)も入りやすい」と考えられるだけに、“一本調子の上値追い”は期待しづらいところでもあります。

114円にかけて展開するドル売りオーダーの厚みを考えれば、決して楽観はできないところです。

逆にこの価格帯を明確に突破できれば支持抵抗(サポレジ)が逆転しますので、 “2017年11月高値(114.7円)”を試す可能性は十分あるでしょう。

 

上記は、あくまでも私見です。

何か損害を被っても、当方は一切責任を負いません。

 

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可