健康管理

ガン予防 「笑う習慣」は医学的におススメ! ストレスを軽減して免疫細胞が活性化

 

今回の記事は「ガン予防 笑う習慣は医学的におススメ! ストレスを軽減して免疫細胞が活性化」です。

「笑う門には福来る」といいますが、もしかすると本当かもしれません。

笑いは免疫細胞のはたらきをサポート

 

「笑い」と言えば、大阪。

大阪国際がんセンターは2017年から、笑いが体にどのような影響を及ぼすのかを医学的に研究しています。

がん患者に2週間に1回、4か月間、落語で笑ってもらう。高座には桂文枝、桂文珍らの落語家のほか、漫才師も上がる。笑った後は血液検査を行う。注目はがん対策のカギとなる免疫細胞の働きだ。

(中略)

今年(2018年)5月に発表された中間報告によると、笑いによって免疫細胞の一種「M2タイプ単球」と「NK細胞」が増加し、NK細胞を刺激する「IL12B」が活性化したことが明らかになった

引用元:「笑いにがん治療効果」医学的に立証された!ストレス軽減し免疫細胞が活性化

 

既にガンと診断された人たちの免疫細胞を調べているわけですから、ガンの予防にとどまらず、ガンの治療効果も視野に入れて研究をしているのでしょうか。

今後が楽しみですね。

ストレスはガンのリスクを高める

 

笑いの効果については今後の研究発表にも大いに期待したところですが、少なくともストレスがガンを誘発する要因になっていることは間違いありません。

国立がん研究センターが1月20日に発表したデータは、まさにそれを裏づけるものだった。40~69歳の男女約10万人を追跡調査したところ、自覚的なストレスレベルが最も高いグループは、最も低いグループに比べてがん罹患リスクが11%も高く、とくに肝がんと前立腺がんで顕著な発症リスクの上昇が見られた。しかも、女性ではストレスレベルによる明らかな差が見られなかったのに対し、男性では19%も発症リスクが高かった。

引用元:「がん、脳卒中、心筋梗塞の要因はストレス」は医学界の常識

 

ガン以外の生活習慣病との因果関係も明らかに

 

ストレスは、ガン以外に、脳卒中や心筋梗塞との因果関係も明らかになっています。

循環器疾患とストレスの関係性については1970年代から研究が進み、徐々にメカニズムが解明されつつあります。理由のひとつは、ストレスを感じると副腎皮質ホルモンであるコルチゾールなど“ストレスホルモン”の値が高くなることです。これらにより、心拍数が上がって血流が増え、その負荷によって血管がダメージを受けて、脳卒中や心筋梗塞などの循環器系の病気につながるのです。次に、ストレスがかかると交感神経が過活動を起こして自律神経のバランスが崩れ、興奮や血圧上昇などにより血管や心臓に負荷がかかることがあげられます

引用元:「がん、脳卒中、心筋梗塞の要因はストレス」は医学界の常識

 

笑うことは、ガン予防にとどまらず、脳卒中や心筋梗塞の予防を考える上でも意識的に採り入れていきたいですね。

 

《参考・参照》

「笑いにがん治療効果」医学的に立証された!ストレス軽減し免疫細胞が活性化

「がん、脳卒中、心筋梗塞の要因はストレス」は医学界の常識

国立研究開発法人 国立がん研究センター『多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果 自覚的ストレスとがん罹患との関連について』

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機取引(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可