健康管理

「とりあえずビール」は飲み会をソフトに済ませるための必須テクニック

 

今回の記事は「とりあえずビールは飲み会をソフトに済ませるための必須テクニック」です。

 

忘年会シーズン本番ですが、いかがお過ごしでしょうか。

私もボチボチと飲み会の連チャンがスタートです(笑)。

本当はブログ書いてる場合じゃないのかもしれませんが、スキマ時間を活用しています。

 

「とりあえずビール」は医学的に正しい

 

日本社会に根付いてきた「とりあえずビール」、ここ数年は新社会人の一部から不評だったようでもありますが、やはり酒の席では非常に好ましいことのようです。

下記のとおり「とりあえずビール」は、医学的におススメなのです。

“酒席の作法”として定着している「乾杯はビールで」──は医学的にも正しいという。東海大学医学部付属東京病院院長の西崎泰弘医師がいう。「空腹時に最初に口をつけるお酒はアルコール度数の低いものにすべき。ウイスキーなど度数の高い酒は内臓に負担がかかる

(中略)

ビールに含まれる炭酸ガスは胃液の分泌を促進する。これはチューハイにも当てはまるが、ビールの原材料のホップには消化を助ける作用があるため、食欲増進も期待できるのだ。

引用元:「とりあえずビール」は医学的にも正しい効果絶大の飲み方

 

最初からアルコール度数の高いものだと、内臓への負担が大きく、フラフラしやすく、血圧への悪影響など、(ハードブレグジットじゃありませんが)色々と弊害があるようです。

ビールからスタートすると、いろんな意味でソフトランディングが可能になるのでしょうね。

 

もちろん深酒では意味がないけどね

 

まあでも、だからといって深酒では意味がありませんので、節度ある飲酒を心がけたいものですね。

自戒をこめて(笑)。

 

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
40代 ・取締役 ・個人投資家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・トレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職・担当していた主な得意は食品と金融) ・資格: 宅地建物取引士(まだ名称が宅地建物取引主任者だった2009年合格) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・趣味:音楽(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster)格闘技(Kickboxing)