備忘録

スプレー缶は穴あけ厳禁!爆発事故を避けるために知っておきたいこと

 

今回の記事は「スプレー缶は穴あけ厳禁!爆発事故を避けるために知っておきたいこと」です。

 

札幌のアパマンショップ店員 スプレー缶に穴をあけて大惨事を引き起こす

 

平成最後の年末の札幌で、大爆発で建物が丸ごと吹き飛ぶ事件が発生しました。

アパマンショップ平岸駅前店(北海道札幌市豊平区 平岸三条8丁目1-28)の店員が、換気が不十分な状態でスプレー缶に穴をあけていて大爆発が発生した模様です。

札幌市豊平区で16日夜に起きた爆発事故で、現場の建物に入居する不動産仲介業「アパマンショップ」の店舗の従業員が「消臭剤のスプレー缶100本以上を廃棄するために穴を開け、湯沸かし器をつけたら爆発が起きた」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。北海道警は不動産店が発生元で、缶のガスに引火し爆発した可能性があるとみて、詳しい原因を調べる。

引用元:スプレー缶ガス引火か 札幌爆発、不動産店で100本廃棄

 

海外の面白ニュースとかでありそうなネタですが、国内で発生すると冗談では済まないですね。

負傷者は40人を超えました。

死者が出なかったことが、不幸中の幸いといえそうです。

 

スプレー缶に穴をあけてはいけない

 

そもそも使い終わったスプレー缶を捨てる時に、穴をあけてはいけないとのこと。

以前は穴をあけて捨てるが正解でしたが、火災や爆発事故が多発したことから、ここ最近は穴をあけないのが正解になっていました。

これ、私も今回初めて耳にしました。

スプレー缶をめぐっては、これまで、回収時の爆発事故を防ぐために「穴を開けて捨てる」ことをルール化する自治体が多かった。

しかし、その廃棄時の「穴あけ作業」を屋内でしたことによる火災や爆発事故、中身の噴出事故が相次いで発生。

環境省は2009年から自治体に対し例年、「穴開けをしない方向が望ましい」という風に伝えており、15年には通知も出している。

引用元:スプレー缶を捨てるとき「穴を開けないで」 その理由は?

 

スプレー缶の最新の正しい処理方法は、

缶に穴はあけず、換気の良い屋外スペースで、中身を出し切ってから捨てる

です。

 

≪参考参照≫

スプレー缶を捨てるとき「穴を開けないで」 その理由は?

スプレー缶のガス抜き方法 / 処分時は各社のホームぺージをよくチェック

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
40代 ・取締役 ・個人投資家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・トレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職・担当していた主な得意は食品と金融) ・資格: 宅地建物取引士(まだ名称が宅地建物取引主任者だった2009年合格) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・趣味:音楽(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster)格闘技(Kickboxing)