金融市場

【下げ幅はリーマン級】日経平均株価暴落は年明けも続く?

 

今回の記事は「【下げ幅はリーマン級】日経平均株価暴落は年明けも続く?」です。

日経平均株価の下落が、ニュースで大きく取り上げられるようになりました。

 

リーマンショック級の下げ幅を記録

 

ダウやナスダックの大幅下落と歩調を合わせ、日経平均株価も下へドスンとブチ落ちました。

大幅下落の震源とされるアメリカでは、ダウがリーマンショックを凌ぐ勢いで下落しています。


引用元:マネックス証券

 

そしてクリスマスの日本でも、日経平均株価の下落が続いています。

2008年のリーマン・ショックでは、破綻直後に日経平均株価が1日で4.9%下がったが、今回は1日で5%下落している。

引用元:下げ幅はリーマン級!「クリスマス大暴落」気になる今後の株価は?

 

台風の目になっているのは、最近のトランプ大統領の言動からくる政治不安だとされています。

世界的に株価が大暴落している状況でも、トランプ大統領は相変わらずです。

クリスマスイブには、7歳の子どもにヤバいことを言って炎上。

無敵ですね(笑)。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、サンタクロースの位置情報を提供する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)宛てに電話をかけた7歳の子どもに対して「まだサンタを信じているのか」と発言し、インターネット上で非難の声が上がっている。

引用元:「まだサンタを信じてるのか?」 トランプ氏、7歳の子どもに発言し炎上

 

 

日足の下降トレンドが崩れない限り下方向が前提

 

現時点では、上昇トレンドの月足調整(押し目)という前提でみています。


引用元:SBI証券

 じゃあもう下げ止まったのか?

現時点で下げ止まったと判断するのは難しいんじゃないですか。

 

マルチタイムフレームでみてみましょう。

下記が日経平均株価の日足です。

月足から日足に目線を変えることで、もう少し目先の動きが把握出来ます。

 

高値と安値、移動平均線との位置関係等から、日経平均株価の日足は下降トレンドであり、その下降トレンドは全然崩れていません。

 

2018年12月3日を直近高値として、その翌日から12月26日(本日)までの安値更新が16日。

もうクリスマスを過ぎてますから大納会が目前であり、基本は年末の閑散相場。

 

上記を加味して、年明けは

①そのまま下げ続ける

②2万円や2万1千円辺りまでの戻り調整からさらに安値更新

といったシナリオをイメージしながら、下を大前提にする状況だと認識しています。

 

もう少しチャートが崩れてくると「そろそろ日足が上昇トレンドへ転換か?」という感じにもなりますが。

 

個人的には、消費税率アップが見送りになることを期待しています。

 

しばらくは短期トレードに活路

 

この状況で相場に参戦するなら、短期トレードでしょうね。

短期トレードで稼げる技量がない場合は、様子見がいいでしょう。

私の場合は、日経オプション取引で短期スイングトレード(プットの買い)を仕掛けて、下落局面に対応しています。

2019年のダウ 調整相場なら2万ドル割れも想定 今回の記事は「2019年のダウ 調整相場なら2万ドル割れも想定」です。 少し悲観的な報道が増えてきましたね。 マ...

上記は、あくまでも私見です。

その私見の前提は「トレンドフォロー」です。

何か損害を被っても、当方は一切責任を負いません。

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機取引(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可