金融市場

【相場の急落!】円相場の2019年は正月から大暴落(米ドル/円)

 

今回の記事は「【相場の急落!】円相場の2019年は正月から大暴落(米ドル/円)」です。

ドル円が動き出したまでは良かったものの、かなり強烈な相場ですね。

 

年初から大幅下落 正月2019

 

ドル円は2018年末の終値から1/3安値までで、既に500pipsクラスの下げを記録しました。

3日の外国為替市場で円相場が急騰した。対ドル相場は一時1ドル=104円台と、昨年3月下旬以来約9カ月ぶりの円高水準を付けた。早朝のオセアニア市場では米アップルの業績下方修正などの悪材料をきっかけにリスク回避の円買いが膨らんだ。これに続くアジア市場が年始で取引参加者が少なく、流動性が極めて低かったところに「人工知能(AI)による円買い」が加わったことが異例の急伸につながったとみられている。

引用元: 円、年始の急騰で一時104円台 「AI」「薄商い」が拍車

 

実際問際、かなりデンジャラスな日足だとおもいます。

2018年夏に起きたトルコリラの大暴落を彷彿させる下げ方だとおもいます。

 

私の方針は売り場探し

 

2018年12月初旬にアップしたブログのチャートを使用します。

現在の状況からトレンドが発生しそうな条件を価格的な目安でいうと、「114.6円以上か110.3円以下」になった時です。

「114.6円以上か110.3円以下」を下の画像で整理するなら、赤色の横線が2本引いてありますが、この2本の赤い横線よりも上か下に出た後ですね。

ドル円相場 日足はトレンド発生待ち 2018-12-01

 

2018年12月初旬にアップしたブログで、上か下にブレイクしたらその後の調整を待って、流れに付いて行くと述べましたが、現在は下にブレイクしたことでトレンドレスから下降トレンドにシフトしましたから売り場探しですね。

下降トレンドですから、戻り売りが仕掛けられるポイントをメインに探そうとおもってます。

上記は、あくまでも私見です。

その私見の前提は「トレンドフォロー」です。

何か損害を被っても、当方は一切責任を負いません。


プライスアクショントレード入門

あなたのトレードを「次の段階」に引き上げるのは新しいテクニックや高度な理論を学ぶことでなく、単純さにあることをブルックスは本書で証明している。マーケットがリアルタイムで語っていることを理解するのは難しいことかもしれないが、正しい方法を用いれば、それを理解して安定的に利益を上げることができるようになるだろう。本書にはそのために必要な情報がすべて入っており、明日の荒れたマーケットでも効率的なトレードができるようになるだろう。

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
40代 ・取締役 ・個人投資家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・トレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職・担当していた主な得意は食品と金融) ・資格: 宅地建物取引士(まだ名称が宅地建物取引主任者だった2009年合格) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・趣味:音楽(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster)格闘技(Kickboxing)