気になったニュース

【「公衆の面前で抱擁」10代男女を公開むち打ち ほか】気になったニュース 2019-02-01

政治・経済

 

リーマンショック級? 景況判断で割れる米中VS日本

30日のFRBの声明によれば、アメリカの労働市場は引き続き力強さを増し、経済活動は堅調に拡大しているという。にもかかわらず両輪ブレーキをかける理由は何かといえば、中国と欧州の先行き懸念だ。

(中略)

アメリカと中国がともに、「リーマン級」の激震を想定して身構えている現況と、2016年伊勢志摩サミットの際に安倍総理が「リーマンショック前と似ている」と指摘して消費増税を見送った頃の経済状況を並べてみるとどうだろう。米中それぞれのお家の事情を割り引いても、今の方がよほど危ないと言わざるを得ないだろう。

しかも、日銀には万が一の場合に景気テコ入れの金融政策を発動できる余地はほぼゼロ。政府の財政政策も消費増税分にたっぷりお釣りを出した分は“万が一対策”の一部に算入されるだろうが、それだけで済むはずもない。財政の悪化が続く中で、消費増税対策+“万が一対策”のダブル財政発動となると、額もさることながら効果・効率を突き詰めた対策が必要不可欠だ。いざとなったら補正を組めばいい。中身は前例踏襲で積み上げる‥といった役人的発想を廃し、最悪に備えておくべきだ。

リーマンショックにせよチャイナショックにせよ、本当に金融市場がクラッシュする時は、マスコミが全く無防備な時である。今は「そろそろヤバい?」とみんなが警戒。だから、そう大したことにはならんとおもっているwww むしろ楽観論が強まった頃の時間差攻撃が危ない。

 

芸能・スポーツ

 

YouTubeの違反報告プログラムを悪用してYouTuberを恐喝する事件が発生

YouTubeでは悪質なコンテンツを取り締まるため、コミュニティガイドラインに違反したムービーを見つけたユーザーがYouTubeに違反報告を行うことができます。そんなYouTubeの違反報告プログラムを悪用して、「お金を払わなければお前のYouTubeチャンネルを停止させてやる」とYouTuberを恐喝する事件が発生しました。

YouTuberとしては死活問題ですな。

 

事件・事故

 

「公衆の面前で抱擁」10代男女を公開むち打ち インドネシア

インドネシア・アチェ州で31日、公衆の面前で抱擁を交わしたことによりシャリア(イスラム法)に違反したとして、10代の男女2人に対する公開むち打ち刑が執行された。

中国もよくわからん文化圏だが、イスラム文化もよくわからん。「そもそもなんでムチなのか?」からして分からん。もっとIT化できないの?www

 

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
40代 ・自由人 ・個人投資家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・トレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・趣味:音楽(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster)格闘技(Kickboxing)
コピー不可