備忘録

エアコンは、つけっぱなしの方が電気料金が安いのか?

 

暑い時期や寒い時期にエアコンをつけっぱなしにしたら、毎日はとても快適かもしれません。

でも真っ先に気になるのは、電気料金……。

つけっぱなしにした方が安いという意見もあるけど、実際はどうなのか?

結論は、

  • つけっぱなしにした方が安い場合もある
  • 使わない時はOFFが基本
  • 小刻みなON/OFFには注意が必要

です。

詳しい内容を、以下に解説します。

 

エアコンの消費電力が増加する大前提

エアコンの消費電力は、状況に応じてペースが変わります。

 

起動直後が電力を最も消費する

 

やはり立ち上げ〜軌道に乗るまでが、最もパワーを使います

起動する回数が減る分だけ、つけっぱなしの方が消費電力が抑えられる場合もあります。

 

外気温が高い時間帯に起動を繰り返すと、その分だけ消費電力が増える

 

日中は外気温が高くなりやすいので、つけっぱなしが有利です。

気温が比較的落ち着く夜間なら、ON/OFFが多少増えても大丈夫ですが。

 

ダイキンが行った冷暖房の実験

 

消費電力の違いに関しては、ダイキンが独自調査を実施しています。

条件によっては、つけっぱなしの方が有利なことがわかりました。

 

30分間隔で起動を繰り返すなら、つけっぱなしの方がお得

 

一台のエアコンは24時間つけっぱなし、もう一台は30分ごとに電源をON/OFFして比較実験。

気温の低い深夜早朝、気温が上がる日中、気温が下がる夜間、すべての時間帯で、30分ごとにON/OFFを繰り返すよりも24時間つけっぱなしの方がお得という実験結果が得られました。

 

普通に生活するなら、つけっぱなしに優位性なし

 

一方で、もう少し幅を持たせて長時間の外出時や就寝時にはOFFにする場合、つけっぱなしよりも節目節目でOFFにする方が節電効果が高いことがわかりました。

 

まとめ

  • あまりこまめにON/OFFしすぎると逆効果(特に日中)
  • 起動直後が電力を最も消費する

冷暖房ともに、深夜早朝と夜間は電源を切った方がお得で、日中はつけっぱなしの方がお得と考えておけばOKですね。

 

消費電力を減らす定番テクニック

 

せっかくなのでエアコンのON/OFFと併せて消費電力を減らす定番テクニックを、備忘録を兼ねて、下記に整理します。

 

エアコン本体を新調する

 

エアコンは時代が進むにつれて省エネが進んでいるので、新しいモデルの方が消費電力は少なくなります。

古いエアコンほど燃費が悪いので、消費電力が気になる場合は一度買い替えを検討しましょう。

 

設定温度を緩める

 

冷房は設定温度を1度上げる(緩める)ことで、消費電力を約10%減らすことが出来ます。

暖房は設定温度を1度下げる(緩める)ことで、消費電力を約10%減らすことが出来ます。

 

すだれやカーテンで直射日光を防ぐ

 

特に夏場は、室内に射し込む直射日光を遮断するだけでも随分違います。

 

サーキュレーターを併用

 

室内の空気を循環させることで、エアコンの効率が上がります。

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可