気になったニュース

悲報 中国と違って貧乏なロシア、唯一の空母で火災

ロシア 唯一の空母が火災に

 

ロシア唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ(Admiral Kuznetsov)」が火災に見舞われました。

大規模な修理をしている最中、溶接作業で火災が起きたとのこと。

ロシアの北極圏内にある造船所で修理中だった同国唯一の空母で12日、火災が発生し、少なくとも作業員1人が行方不明になっている。同国メディアが報じた。

引用元:ロシア唯一の空母で火災、作業員1人行方不明

2018年10月には、クレーン1基が甲板に落下して損傷する事故も発生しています。

軍事大国のイメージが強いロシアが空母を一隻しか持っていないというのは意外におもえますが、どこの国も軍事費は大変なのでしょう。

ランドパワーのロシア、海に手が回らず

 

地政学上、ロシアはランドパワーに軸足を置きます。

空母はシーパワーに属しますから、経済的な事情からも予算配分しにくいのでしょうか。

  • ランドパワー=海よりも、陸の上で戦うほうが得意
  • シーパワー=陸よりも、海の上で戦うほうが得意

 

あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学

 

今回の空母「アドミラル・クズネツォフ(Admiral Kuznetsov)」は、着工が1982年、進水が1985年です。

ソ連時代から使用している空母であり、かなり老朽化している空母とも言えます。

ロシア唯一の空母アドミラル・クズネツォフは、ナショナル・インタレスト(The National Interest)によると、世界で5本の指に入る最悪の空母。

2016年10月、アドミラル・クズネツォフはシリアでの配備に向けて英仏海峡を航海中に、黒煙を噴き出している姿が確認された。

「この艦の最大の問題点は、その脆弱な推進システムにある」とCNA(Center for Naval Analyses)のドミトリー・ゴーレンバーグ氏(Dmitry Gorenburg)氏は、以前、Business Insiderに語った。

「極めて信頼性に欠けている」

修理のためにドックに戻る前から、アドミラル・クズネツォフには故障に備えて特別なタグボートが随行していた。配管設備が特に劣悪で、ほとんどのトイレが使えなかったと言われる。

現在はムルマンスクで修理中、復帰は2021年以降になる見込み。

引用元:世界最悪の空母? ロシアのアドミラル・クズネツォフ

同じランドパワーかつ社会主義国でも、ロシアと中国は違う

 

日本人が知るべき東アジアの地政学 ~2025年 韓国はなくなっている~

 

ランドパワーが軸足であっても、ロシアと違って中国は、国際法を無視して東シナ海や南シナ海への煽り行為を継続するなど、手を広げてシーパワーを強化することにも積極的です。

  • 遼寧
  • 001A型
  • 002型

など、国産空母の開発も積極的です。

まあもちろん、まだまだ課題は山積みのようですが。

 中国で初の国産空母である通称「001A」の就航が、当初予定の今年4月から大幅にずれ込んでいることが明らかになった。大きな原因は艦載機が決まらないことだ。

ウクライナから購入した中国初の空母「遼寧」の艦載機は「殲15(J-15)」だが、故障が多く事故も発生しており、海軍首脳は「艦載機としては不適格」として早々と断念。次の候補としては「殲31(J-31)」や「殲20(J-20)」が有力候補となっているものの、2つともは艦載機としては一長一短ありで、訓練でも満足な結果が出せず、001Aの就航は大幅に遅れて2020年代後半にもずれこむ可能性もあるという。

引用元:中国の威信崩れる、初の国産空母が就航延期…艦載できる戦闘機が“ない”と発覚

やはり先立つものはカネ?

 

やはり先立つものは、カネのチカラなのでしょうか。

同じ社会主義国でも、ロシアと中国って、スタンスが違いますね。

米中貿易戦争の行方も気になるところですが。

米中新冷戦の正体 – 脱中国で日本再生 –

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可