PCスマホ

【目指せ5年】Androidスマホの寿命──長持ちさせる方法もご紹介

 

スマホを長く使用していると、バッテリーの持ちが悪くなります。そうなると「あとどれくらいでスマホが寿命なのか」と気になるところ……。

使い方にもよりけりですが、スマホの寿命は、2年から5年くらいが目安と言われています。

特に──本体よりも先に──バッテリーが劣化して使い物にならなくなるのが一般的です。

せっかく買ったスマホを出来るだけ長く使って、出来るだけ適切なタイミングで買い替えるにはどのようなことに留意すればいいのか?

以下にまとめました。

 

バッテリーの寿命はどれくらい?

 

スマホ本体よりも、劣化が早いスマホのバッテリー。

スマホのバッテリーの寿命は、だいたい1〜2年程度といわれています。

充電回数は300〜500回が目安とされているため、1日1回充電していると、1年半くらいでバッテリーの劣化が目立ってきます。

一般的にスマホ本体よりもバッテリーの寿命の方が短いので、気になる症状が増えてきたら、一度バッテリーを交換して様子をみるのも一つの手です。

 

スマホ本体の寿命はどれくらい?

 

スマホ本体の寿命は、長持ちしても5年程度といわれています。

スマホを頻繁に床や地面に落とすなど、負担のかかる使い方をしていると、寿命はもっと短くなります。

 

こういう症状に注意!

 

  • 動作が重く、アプリをの起動が遅くなる。
  • 充電しても、すぐに減ってしまう。
  • 充電しても、完了までの所要時間が大幅に増えた。
  • 電源が勝手にシャットダウンすることが増えた。
  • 起動中のアプリが突然落ちることが増えた。

 

これらの症状はバッテリーもしくは本体の寿命が近づいている可能性が高まっているので、一度近くのお店に相談してみましょう。

特に劣化したバッテリーを無理してそのまま使用し続けると、発火するリスクも高まります。

 

スマホ本体やバッテリーを長持ちさせる方法

 

以下に数多く列挙しましたが、出来るだけスマホに負担をかけないことが長持ちのコツです。

 

過充電しない

 

毎回フル充電する、フル充電になってもさらに充電器をつなぎっぱなしで放置するなどの過充電はなるべく避けましょう。

充電は80%程度で切り上げると長持ちしやすいといわれます。

ちなみに、充電中のスマホ操作も好ましくありません。充電中は充電に専念しましょう。

 

過放電しない

 

バッテリーを毎回使い切るまで充電しない過放電もなるべく避けましょう。

スマホを使用していて、バッテリーが残り30%程度まで減ったら充電しましょう。

 

バッテリーの無駄遣いを避ける

 

以下に、6つ挙げておきます。

 

省電力設定にしましょう

 

「設定」→「電池」→「長エネスイッチ」と進んで設定しましょう。

AQUOSなら長エネスイッチ、Xperiaならスタミナモードといった具合に、メーカーごとに表記が違う場合もあります。

 

位置情報はアプリ起動時のみオンに

 

地図や天気をはじめ、位置情報をしようするアプリが増えていますが、常に許可していてはバッテリーがすぐに減ってしまいます。アプリ起動時のみオンにする設定にしましょう。

「設定」→「位置情報」→「アプリの権限」と進んで、「常に許可」されているアプリを「使用中のみ許可」あるいは「拒否」に切り替えましょう。

 

不要なアプリを削除/アンインストール

 

不要なアプリが増えることは好ましくありません。端末の動きが悪くなったり、バッテリーの消耗が増える原因になりえます。

Androidアプリを削除/アンインストールする3つの方法――復元する方法も スマートフォンのアプリはもはや生活になくてはならないものになりました。 だからといって何でもかんでもインストールすると、ス...

 

水気の多い場所を避ける

 

防水/耐水のスマホも随分増えてきましたが、スマホはあくまでも精密機器なので、極力濡らさない方がのぞましいです。

風呂やプールなど濡れやすい場所は避けたほうが無難です。

 

高温な場所を避ける

 

精密機器は熱にも弱いので、極力避けましょう。発火リスクも高まります。

サウナや真夏の車内などは避けたほうが無難です。

もしも本体が熱くなっても、冷蔵庫/冷凍庫/保冷剤などで冷やすことも避けましょう。

急激に温度を下げることで結露が生じ、故障リスクが高まります。

 

大きな衝撃を与えない

 

床や地面に落とさないよう、大切に取り扱いましょう。

同時に、ケースで保護しましょう。

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可