おススメ本(書評)

【広告マン必読の書】石田 英敬『記号論講義 日常生活批判のためのレッスン』──書評

 

普段は当たり前にしている、何気ない日常生活。

これを「記号」の観点からみていくと、日常生活の見え方が、変化するかもしれません。

 

広告代理店に就職・転職を目指すなら、記号論は押さえておこう

──今回紹介する『記号論講義 日常生活批判のためのレッスン』を読むと、私たちの日常生活が「いかに記号だらけなのか?」が実感できます。

 

同時に、

  • マスメディアの普及前と普及後
  • インターネットの普及前と普及後

で、人々の生活がどのように変化したのかを俯瞰することもできます。

 

  • 建物や都市は、どのような記号を放っているのか?
  • 広告は、どのような記号を放っているのか?
  • 新聞、テレビ、ラジオ、映画は、どのような記号を放っているのか?
  • インターネットは、どのような記号を放っているのか?
  • 国家、組織、団体は、どのような記号を放っているのか?

 

本書は現代思想の基礎となるソシュールやパースの記号論から始まり、アートや建築、テレビCM、ニュース報道、スポーツイベント、サイバースペースにおけるコミュニケーション、といった各論から成り立ちます。

 

石田 英敬『記号論講義 日常生活批判のためのレッスン』

 

東大の講義をもとにした記号論の教科書、それが『記号論講義 日常生活批判のためのレッスン』

──ちなみに本書は、東京大学の講義をもとにした、記号論の教科書(決定版)です。

 

「東大」という「記号」を目にすると「難しいのでは……?」と不安になる人もいるかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。

言葉遣いが少し堅苦しいですが、序文を読み終える頃には、すっかり目が慣れるでしょう。

 

目次:石田 英敬『記号論講義 日常生活批判のためのレッスン』

  • モノについてのレッスン
  • 記号と意味についてのレッスン
  • メディアとコミュニケーションについてのレッスン
  • “ここ”についてのレッスン
  • 都市についてのレッスン
  • 欲望についてのレッスン
  • 身体についてのレッスン
  • 象徴政治についてのレッスン
  • “いま”についてのレッスン
  • ヴァーチャルについてのレッスン
  • 著者:石田英敬(いしだひでたか)
  • 出版社    ‎筑摩書房
  • 発売日    ‎2020/7/10

 

──特に広告業界の人は、一度目を通しておくといいでしょう。

 

石田 英敬『記号論講義 日常生活批判のためのレッスン』

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可