おススメ本(書評)

【結婚しない生き方もアリだとおもえる本】荒川 和久『結婚滅亡』──書評

 

ある程度の年齢なのに独身のままだと、周りから結婚を急かされる──いまだに多いですね、こういうケース……。

特に30歳を過ぎる頃から、親と顔を合わせる度に、結婚のプレッシャーを掛けられるケースも多いのではないでしょうか。

なんとなく不安になったりもしますよね、周りから結婚を急かされると……。

──でも今回紹介する『結婚滅亡』を読めば、「別に結婚しなくても大丈夫」ということに、自信を持てるようになります。

 

結婚はオワコン──みんなが結婚する社会は、歴史上むしろ珍しい

  • 江戸時代までの一般庶民は、全員が結婚するわけでもなく、結婚しても離婚するケースが極めて多かった。
  • 歴史上、皆が当たり前のように結婚したのは、明治以降の日本で発生した一過性のトレンドに過ぎない。
  • だから結婚してもしなくても、気にする必要はない。

 

──『結婚滅亡』を読んでみて個人的に興味深かったのが、江戸時代までの庶民の結婚の在り方が、極めて現代的だったことです。

江戸時代までの庶民の結婚は、

  • ほとんどが共働きで、夫婦別財
  • お互いが精神的/経済的に自立
  • ゆえに夫婦の関係は対等
  • そのかわり離婚も再婚も多かった。

 

「夫は外で仕事、妻は家事と育児」は、一過性のトレンドに過ぎなかった

古い結婚観の典型とされる「夫は外で仕事、妻は家事と育児」──実はこれ、明治以降に発生した一過性のトレンドに過ぎなかったのです。

では実際には、どのような流れがあったのか?

ネタバレになってはいけませんので、詳しくはあなた自身の目で確認してみてください。

オススメですよ。

目次:荒川 和久『結婚滅亡』

  • 1章 結婚の構造が足元から揺らいでいる
  • 2章 「結婚しない」ってそんなに悪いこと?
  • 3章 結婚したら“しあわせ”になれるのか
  • 4章 そもそも「結婚」とは何だろう
  • 5章 では「家族」とは何だろう
  • 6章 結婚だけじゃない「安心のあり方」
  • 著 者:荒川和久(あらかわ・かずひさ)
  • 出版社 ‏ : ‎ あさ出版 (2019/11/13)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/11/13

 

高橋 洋一『未来年表 人口減少危機論のウソ』 とあわせて読むと、さらに理解が深まると思います。

荒川 和久『結婚滅亡』

 

ABOUT ME
Norizo-Ninja
貞吉 則蔵(さだよし のりぞう) ・40代 ・氷河期世代 ・自由人 ・投機家(相場歴10年超・FX・S&P500ETF・手法の軸足はトレンドフォロー) ・広告代理店マンだった人(10年勤めて退職) ・資格: 宅地建物取引士(合格当時は宅地建物取引主任者) ・出身校: 慶應義塾大学 ㈱電通など ・短編小説 ・エレキギター(Gibson Les Paul Standard・Fender Eric Clapton Stratocaster) ・格闘技(Kickboxing)
コピー不可